米倉涼子「ドクターX」の次は「リーガルV」 イメチェンで人生最短ショートカットに

[ 2018年8月29日 05:30 ]

10月スタートのテレビ朝日ドラマ「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」に主演する米倉涼子
Photo By 提供写真

 女優の米倉涼子(43)が、10月にスタートするテレビ朝日の主演ドラマ「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」で元弁護士を演じる。

 天才外科医を演じた人気シリーズ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」と同じ木曜午後9時枠。弁護士資格を剥奪された小鳥遊(たかなし)翔子が法律事務所の管理人となり、不利な訴訟でも勝利に向けて突き進む物語。昨年「ドクターX」のシリーズ第5弾終了後「新しいものに挑戦したい」と希望しスタッフと作り上げた。クランクインを前に取材に応じ、新たな役への挑戦に「ドキドキしています」と語った。

 自由奔放な言動で周囲を翻ろうし、弁護士時代には「上司を殴った」などの黒い噂がささやかれるスキャンダラスさを持つ一方、「人を救うのに資格はいらない」と豪語し弱者を救うキャラクター。タイトルは「最後はVサインで終わりたい」という意味も込めたといい「“ドクターX”とあんまり変わらない」と笑った。

 イメージチェンジのため髪を約20センチ切って人生最短のショートカットに。「ドクターX」で演じた大門未知子はミニスカートで美脚を披露したが、今回の衣装は「どっちかっていうと上が出てます」と上半身の露出が多くなると明かした。

 「ドクターX」は昨年放送の連続ドラマで最高の視聴率を記録するなど大ヒット。新作に向けて「思い切って自由に演じたい」と意気込んでおり、シリーズ化も期待できそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年8月29日のニュース