山口もえ、いじめ取り上げた番組での発言を謝罪し真意説明 SNSでの批判受け…

[ 2018年8月29日 13:59 ]

タレントの山口もえ
Photo By スポニチ

 タレントの山口もえ(41)が29日、自身のブログを更新。ゲスト出演した28日放送の日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・00)での発言について謝罪し、真意を説明した。山口は学生のいじめを取り上げたVTR後に「人生が90歳までだとして中学3年間は90分の3年。人生長い意味で考えたら、この時間すごくつらいけど頑張ろうと思える。つらいけどそれも一瞬」とコメントし、SNS上で一部ユーザーから批判の声があがっていた。

 山口はブログで「昨日放送された番組に関して言葉足らずで真意が伝わらなかったことをお詫びいたします。伝えたかったことをこちらに綴りたいと思います」と切り出し、「いじめにあっている間はずっと真っ暗なトンネルの中にいるようで一瞬の出来事も長く感じ辛かったと思います。番組内で放送された女の子が辛い壁を乗り越えて前を向いて進んでいる姿に強く心打たれました。彼女のいじめられた三年間をほんの一瞬だと言いたかったわけでは決してありません」と発言の真意を説明。

 続けて「辛い経験を乗り越えたのちにその期間も長い人生の中で見るとほんの一瞬だったんだなと思えたら、心が少しでも楽になるのではないのかなと思っての発言でした。ただ その瞬間を乗り切れる人ばかりではないと言う事をうまく伝える事が出来ませんでした」とし、「誰もが大切な人が傷ついている姿を見たくありません。この世の中からどんなに小さないじめだってなくなることをせつに願っています」と思いをつづった。

 山口の発言にはSNS上で「一瞬というけど、その3年間地獄を耐えて生き残るのどれだけ大変か」「その一瞬のいじめが人の命を奪う」「学生は“長い目”で見れないと思う。大人の勝手な意見」など、批判の声があがっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年8月29日のニュース