鶴瓶 借金した5万円でよゐこ・濱口を祝福?「お前、誰にも言うなよ!」

[ 2018年8月7日 22:59 ]

笑福亭鶴瓶
Photo By スポニチ

 「よゐこ」濱口優(46)が6日、自身がパーソナリティーを務めるMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月曜・後10・00)に出演。笑福亭鶴瓶(66)が周囲のスタッフから借金して結婚のご祝儀を作ってくれたことを明かした。

 濱口は事務所の大先輩でもある鶴瓶に結婚を報告する際、スケジュールの関係で電話による報告となってしまったという。数日後、楽屋が近かったこともあって、濱口は改めて結婚報告のあいさつに行った。

 「結婚しました、師匠」と簡単な報告をし、その場を立ち去ろうとすると、鶴瓶は祝儀を渡そうとしたものの「濱口。今、金ないんや」と言ったという。濱口は「いいです、いいです、師匠そんなん」と遠慮すると、鶴瓶は周りにいたスタイリストなどから「1万円」と言って、お金を集めだした。濱口はその意図を察知し「いいですよ、師匠〜」と止めるが、鶴瓶の動きは止まらず。結局4万円を集めることに成功した。

 すると鶴瓶は「4万…なんか縁起悪いなぁ」と、面識のないNHKのプロデューサーからも1万円を徴収。「これで5万円や」と満足げに“鶴瓶”と書いたポチ袋に現金を入れ、濱口に手渡した。

 とりあえず「ありがとうございます!」と感謝の言葉を述べた濱口。ただ、大御所にしては少額ともいえる5万円で、しかも借金したお金。そこはお笑いらしく「ドランクドラゴン・鈴木拓の半分の額、ありがとうございます!」とイジると、鶴瓶は「お前、誰にも言うなよ!」と返してきたという。

 とはいえ、正月番組ではスタッフにまでポチ袋を配っている豪快な鶴瓶を見ているだけに、素直に感謝していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月7日のニュース