タイヘイ夢路が死去 88歳 浪曲漫才「タイヘイトリオ」で一世を風び

[ 2018年8月7日 05:30 ]

浪曲漫才で一世を風びした「タイヘイトリオ」。左が亡くなったタイヘイ夢路さん。
Photo By スポニチ

 昭和30年代から40年代にかけて一世を風びした浪曲漫才「タイヘイトリオ」のタイヘイ夢路(たいへい・ゆめじ、本名・辻本節子=つじもと・せつこ)さんが先月31日、肝硬変のため、大阪市内の病院で死去した。88歳。奈良県出身。葬儀・告別式は近親者らで行った。

 幼いころから舞台に立ち、タイヘイ洋児と夫婦漫才コンビを結成。その後、姉のタイヘイ糸路を加えて3人組を結成し人気を博した。「レツゴー三匹」や「ザ・ぼんち」などの師匠としても知られた。NHK連続テレビ小説「よーいドン」(82年下半期)「てるてる家族」(03年下半期)などにも出演した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月7日のニュース