AbemaTVが注意喚起 番組騙った悪質な迷惑行為が横行

[ 2018年7月21日 07:25 ]

 AbemaTVが20日、公式サイトで同社の社員や関係者を装った者による迷惑行為に関して注意喚起を行った。

 同社は公式サイトで「昨今、当社とは関係の無い第三者が当社の社員や関係者を装い、当社の番組名称を利用した悪質な迷惑行為が行われているケースが複数報告されています」と報告。主な手口として「無断で当社番組名を利用し、SNS上で広く個人情報を収集したり、当社と無関係のイベントに勧誘する行為」「SNSを通じてダイレクトメッセージを送り、実在しない(予定されていない)番組への出演依頼を持ちかけ、金銭の要求、強奪または肉体関係を強要する行為」を挙げた。

 これらの行為について「当社では、公式アカウント以外のSNSアカウントを利用して、不特定多数の個人情報を、使用目的を明示せずに収集することはありません」「また、番組出演者をキャスティングするにあたり、依頼者に対して、当社の社員の交通費や飲食代等を負担させるなど、不当な要求をするようなことは一切ございませんので、くれぐれもご注意ください」と注意を喚起した。

 また、「上記のような迷惑行為を受けた方、これらに関する情報をお聞きになった方は、お問い合わせ先までご一報いただくとともに、被害に遭われた方は、警察へ被害届を出されることをご検討くださいますようお願い申し上げます」と呼びかけている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年7月21日のニュース