ASKA、5年ぶり全国ツアー開催「音楽文化・産業の発展に貢献できれば」

[ 2018年7月21日 14:40 ]

歌手のASKA
Photo By スポニチ

 歌手のASKA(60)が11月から約5年ぶりの全国ツアーを開催することが21日、分かった。

 2014年9月、覚せい剤取締法違反罪で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けてから初めての全国ツアーとなる。ポップス&ロックとクラシック音楽を融合したコンサートを展開するビルボードクラシックス公演として開催する。米国を拠点とする世界的音楽ブランド、ビルボードのプロデュースによって東京公演を皮切りに大阪、仙台、西宮、京都、札幌、横浜、福岡の全10公演。各公演とも全国の名門オーケストラとの共演になるという。

 注目の演奏作品はCHAGE and ASKA、ASKAソロ作品から選曲。ASKAは「音楽の伝統を継承するオーケストラとの共演、そして新しい舞台への挑戦が、現在の音楽文化・産業の発展に少しでも貢献できれば」と復活に懸ける意気込みを語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年7月21日のニュース