松潤、愛媛の避難所を訪問 被災少年、激励に笑顔「勇気づけられた」

[ 2018年7月21日 10:49 ]

(速報)愛媛県西予市の避難所を訪れ、子どもたちと写真撮影に応じる「嵐」の松本潤
Photo By 共同

 嵐の松本潤(34)が21日、西日本豪雨の避難所になっている愛媛県西予市の野村小学校を訪問し、被災者らを勇気づけた。

 21日朝の時点で、同校の体育館には約70人が避難。拍手で迎えられた松本は「毎日暑い中、本当に大変だと思いますが、早く平時の生活に戻れるように祈っています」とエール。児童にはTシャツやタオルをプレゼントし、写真撮影やサインにも笑顔で応じた。家族4人で避難生活を送る中学1年の男児は「とても勇気づけられた。頑張ろうと思った」と笑顔を浮かべた。

 松本は20日には広島、愛媛両県庁を訪れ、西日本豪雨の復興支援のため、嵐が行うチャリティーイベントの収益の一部から、それぞれ義援金5000万円の目録を贈呈。広島市安芸区、矢野南小学校の避難所で被災者を激励した。

 嵐はこれまでも東日本大震災や熊本地震など被災地に約20億円の義援金を送っている。被災地でのコンサートやイベントを毎年のように行い、避難所や仮設住宅を慰問してきた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年7月21日のニュース