フジ久代萌美アナ 恐怖のストーカー体験 合い鍵が届き「鍵は1つしかないので…」

[ 2018年7月1日 11:49 ]

フジテレビの久代萌美アナウンサー
Photo By スポニチ

 フジテレビの久代萌美アナウンサー(28)が1日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。自身のストーカー体験を告白した。

 番組では、女優の菊池桃子(50)につきまとい行為をしたとして、3月にも菊池へのストーカー行為で現行犯逮捕された男がストーカー規制法違反の疑いで再び逮捕された事件を取り上げた。

 ダウンタウンの松本人志(54)は「(犯人に)チップとか埋め込んでもらうしかしょうがない。誰かが管理しないと。そいつの所在は知っておきたいよね。(犯人は)何も懲りてない…なんで、これをもっと県外に出せないんだろうか?」と首をひねった。

 そんな中、自身へのストーカー体験を聞かれた久代アナは「出待ちもありますし、合い鍵が送られてきたことがあります」といい、「鍵は1つしかないので、必ず届けに来てくださいって書いてありました」と明かした。局アナは芸能人などと違い、電車通勤をしていることもあり、松本も「本当に大変だと思うよ」と同情。

 ワイドナ高校生として出演したHKT48の矢吹奈子(17)も「私はないけど、HKTでもストーカーに遭った子がいて、自分の出したごみをあさられていた子がいて、そういうのを聞いて怖いなと思った」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年7月1日のニュース