【明日4月26日の「半分、青い。」】第22話 鈴愛が描く劇中漫画の絵 なかはら・ももた氏が担当

[ 2018年4月25日 13:00 ]

連続テレビ小説「半分、青い。」第22話の1場面。律(佐藤健)に勧められるまま、自作の漫画を描き始めた鈴愛(永野芽郁)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)は26日、第22話が放送される。

 律(佐藤健)に勧められるまま、秋風羽織(豊川悦司)の漫画を参考に、本当に自作の漫画を描き始めた鈴愛(永野)。一方、律の受験勉強は行き詰まり、かねて志望していた東大の合格の可能性は限りなく低い。和子(原田知世)は律の大学受験の模試判定表を見つけ、想像と大きくかけ離れた判定にショックを受けてしまう。

 朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げる姿を描く。

 【+α】鈴愛が描く劇中漫画の絵を担当するのは、漫画家なかはら・ももた氏。「あまちゃん」の「あま絵」や関連書籍、「マッサン」の公式コミックなど、朝ドラに関わる作品でも知られる。一方、鈴愛に大きな影響を与える少女漫画家・秋風羽織の作品として、「天然コケッコー」「花に染む」などの漫画家くらもちふさこ氏の作品が使われる。第20話(24日放送)には、代表作の1つ「いつもポケットにショパン」が登場した。劇中漫画も注目を集めそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月25日のニュース