WANIMA主題歌に東出昌大が感激「全ての感情と価値を、この曲が代弁してくれた」

[ 2018年4月10日 05:30 ]

映画のポスターをオマージュし写真を撮り下ろしたWANIMA
Photo By 提供写真

 ロックバンド「WANIMA」が、東出昌大(30)主演の映画「OVER DRIVE」(監督羽住英一郎、6月1日公開)の主題歌を担当する。曲名は「Drive」で、映画を見た上でボーカル&ベースのKENTA(29)が作詞作曲した。初めての映画主題歌で、WANIMAらしいスピード感あふれるロックナンバーとなった。発売は未定。

 映画は、公道をアクセル全開で駆け抜けるラリーを舞台に、若者たちの挑戦と絆を描く作品。東出は「ラリーのもつ疾走感、緊張感、悔しさ、逆境に立ち向かうたぎる情熱、全ての感情と価値を、この曲が代弁してくれた」と感激。KENTAは「完成前の本編を見て、キモチもカラダも熱くなったままスタジオに直行し作りました」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年4月10日のニュース