NMB矢倉楓子が卒業&引退「家族以上に素直でいられた場所」

[ 2018年4月10日 20:56 ]

NMB48劇場で卒業公演を行った矢倉楓子
Photo By スポニチ

 NMB48の矢倉楓子(21)が10日、大阪・なんばのNMB48劇場で卒業公演を開いた。

 この日をもって芸能界を引退。「家族以上に素直でいられた場所。活動に本気になれ幸せだった」と、7年間のアイドル生活を振り返った。

 2011年に2期生として加入。無類のアイスクリーム好きで知られ、所属するチームB2のメンバー、公演に駆けつけた同期メンバーのそれぞれからアイスクリームの商品券を贈られ、「やったー!よっしゃ!」と大興奮。「ドレス着てよっしゃ!はやめて」とツッコまれ、苦笑いだった。

 矢倉は11年10月の第2弾シングル「オーマイガー!」で選抜メンバー入りし、その後もNMBの主力として活躍。昨年10月に卒業を発表した。選抜総選挙での最高順位は16年の33位。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年4月10日のニュース