沢村一樹、葬儀にも参列しなかった亡き父へ「憎んでいたわけじゃない」

[ 2018年3月23日 14:12 ]

俳優の沢村一樹
Photo By スポニチ

 俳優の沢村一樹(50)が23日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(月〜金曜正午)に出演。自身の家族への思いを語った。

 沢村は高校2年、中学2年、小学1年生の3人の息子の父親。親子関係は良好なようで「反抗期がないように子育てしている」と明かし、「(母親に対して息子たちが)『クソババア』っていう言葉を使ったその瞬間に勘当です」と、家庭内のルールを説明。「これは脅しじゃなくて本気なので。その1個だけを(息子たちが)子供の頃から言い聞かせています」と真剣に語り、父親の顔をのぞかせた。

 その後、沢村自身に反抗期があったのかどうかについて司会の黒柳徹子(84)から問われると、「僕自身は反抗期と言われるものはなかったですね。反抗期を起こす余裕もなかったので…」と振り返った沢村。その背景には両親の離婚があり、「物心ついて反抗期と呼ばれるころにはもう親父がいなくて、会う機会もそんなになかったので、親父がいたらもしかしたら反抗期があったかもしれない」と説明。

 その後、沢村が役者を目指し、上京の資金を貯めるためにアルバイトをしていた19歳のころに父親は57歳の若さで他界。「言い方が良くないかもしれませんけど、介護もしなくていいし、僕らにとってはいわゆる『子孝行』だったのかなって」と、独身で亡くなった父親を偲んだ沢村。「当時は合わせる顔もないし母親に対する気遣いもあって」という理由から葬儀に参列しなかったが、「そのことへの後悔もあって、鹿児島に墓を建てました」と告白。「命日はできるだけ帰るようにして、2、3時間ぐらいかけて墓参りをしています」「墓石だけは新品のタオルで拭いています」と、亡き父への親孝行の内容を明かした。

 「もともと(父親を)憎んでいたわけじゃなくて、ただ僕は母の味方をした方がいいと思っていて。でもそれももう年を取って母親も親父についてあまり言わなくなったし、自分にも家族ができたのでもういいかなっていうのもあって」と過去と現在の複雑な心境を語った沢村に対し、それを聞いた黒柳徹子は「お父さんはきっと喜ばれているでしょうね」と優しく締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年3月23日のニュース