きよし、たけし独立「応援している」ツービート漫才「いつでも」

[ 2018年3月16日 05:36 ]

ビートたけし(左)とビートきよし
Photo By スポニチ

 ビートたけし(71)が所属事務所「オフィス北野」から独立することについて、「ツービート」として45年以上コンビを組んできたビートきよし(68)が15日、「応援している」とエールを送った。

 この日、TOKYO MXの情報番組「ひるキュン!」に生出演したきよしは終了後、本紙の取材に「いいんじゃないの。これまであれだけやってきたんだもの。あとは好きなことやっても。相方は本を書きたいとかいろいろあるみたいだし」と淡々と語った。

 80年代の漫才ブームをけん引した2人。たけしが「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)などで売れっ子となってからは個々の活動となり、漫才をすることはほとんどなくなった。それでも、きよしは「ツービートを解散しないのは相方の優しさ。それは感謝してる。呼ばれたらいつでもするよ」とコンビ愛をのぞかせた。

 たけしはあす17日に生放送されるTBSの情報番組「新・情報7days ニュースキャスター」(後10・00)で、独立について初めて語るとみられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年3月16日のニュース