羽生さんが羽生くんにエール「漢字が同じで親近感、芸術的な滑り楽しみ」

[ 2018年2月14日 06:45 ]

会見を行う羽生善治竜王(左)と井山裕太7冠
Photo By スポニチ

 将棋の羽生善治竜王(47)と囲碁の井山裕太7冠(28)が13日、首相官邸で行われた国民栄誉賞授与式に出席した。

 会見で2人は、開催中の平昌五輪の日本選手についても触れた。羽生は「(フィギュアスケートの)羽生選手は漢字が同じなので親近感を持っている。ぶっつけ本番でも素晴らしい演技を見せてくれるのではと期待を膨らませてくれる選手。芸術的な滑りを楽しみにしている」とエールを送った。

 また井山は「4年に1度のために長い年月を費やす。一瞬に懸ける凄みがある。そういうものを感じながら楽しみに見ている」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年2月14日のニュース