PR:

結成発表から7年…TPE48始動 夢は台湾から東京ドームへ 

TPE48の阿部マリア(前列中央)とオーディションに合格したメンバーたち
Photo By スポニチ

 AKB48の台湾の姉妹グループ「TPE48」が始動した。2011年10月の結成発表から約7年。このほど台北市内で1期生オーディション最終審査が行われ、合格者45人が決定した。今夏にデビュー曲を発売する予定。国内外で活動中の48グループは9組目。総合プロデューサーの秋元康氏(59)は「成長が楽しみ」と大きな期待を寄せている。

( TPEは、AKBから移籍した阿部マリア(22)を含めて計46人。愛らしい容姿で「台湾のまゆゆ(渡辺麻友)」と話題の邱品涵(チウ・ピンハン、18)や日本からオーディションに挑戦した小山美玲(15)ら魅力的なメンバーがそろった。

 台北を訪れた秋元康氏は「オーディションをさせてもらい、とても熱いものを感じた」と手応えを強調。今夏のデビューを目指すメンバーたちに「自分の色をつくることが大切。自分らしく生きてほしい」とそれぞれの個性を伸ばすようアドバイスした。

 阿部は邱品涵について「日本のアイドルファンが好きそう。きゃしゃで、守ってあげたくなる。正統派で、まゆゆさんみたい」と評価。邱は「元々、まゆゆさんが好き。歌、踊り、演技などマルチな活躍がしたい。目標はTPEのセンター」と目を輝かせる。

 福岡県出身の中学3年生・小山美玲は父方の祖母が中国人で台北在住。「陳喬恩さん(台湾の女優)に憧れていたので、オーディションを受けた。日本の良さを伝え、台湾と日本をつなぐ存在になりたい」と意欲満々だ。4月から台湾の高校に通い、中国語も習得していくという。

 48グループの悲願は、14年を最後に遠ざかっている東京ドーム公演を再び開催すること。阿部は総監督の横山由依(25)から「私たちはもう一度東京ドームに立つ夢をかなえる。その時はぜひ一緒に立ってほしい。それまでマリアは台湾で頑張って!」と激励されたという。

 海外で活動するグループは、インドネシアのJKT、タイのBNK、TPEの3組。阿部は「世界から東京ドームに集まりたい」と決意を示し、邱も「東京ドームで歌いたい」と夢を語った。

[ 2018年2月14日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月18日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル