PR:

YOSHIKI、紅白でドラムプレー解禁!「紅」演奏後にはピースサイン

第68回NHK紅白歌合戦 ( 2017年12月31日    東京・NHKホール )

<第68回紅白歌合戦>ドラムの前でピースするYOSHIKI
Photo By スポニチ

 X JAPANのYOSHIKI(年齢非公表)が31日、「第68回NHK紅白歌合戦」に生出演。今年5月の頸椎(けいつい)手術以降、封印中のドラムプレーを解禁した。

 X JAPANは、まず「ENDLESS RAIN」を披露。ピアノを演奏し終えたYOSHIKIがステージ中央へと歩き始めると、ステージの下からドラムが登場。負傷を感じさせない圧巻のドラムプレーで「紅」を演奏し、NHKホールを熱狂の渦に巻き込んだ。

 演奏を終えたYOSHIKIはカメラに向かってピースサイン。やりきった表情でステージを後にした。

 リハーサル2日目を迎えた30日。メンバーと会見場に現れると、スポニチ本紙が報道したドラム強行への質問が矢継ぎ早に飛んだ。最初は「そういう噂は僕も聞いたんですけど、噂だと思いますよ」とお茶を濁したが、この日、自身のインスタグラムにドラムをチューニングする動画を投稿したことを指摘されると「噂を拡張しようかな、と」と少し動揺。ギターのPATA(52)が「ガセネタをね」と合いの手を入れ、慌てて「ガセまで言うと、まずくない?」と止める場面も。会見が進むにつれてトーンは上がり「お医者さんには、ある程度無理をした方がいいと言われてます。ドラムもリハビリ!」と断言した。

 長年の激しい演奏の代償で手のしびれが深刻に。頸椎椎間孔狭窄(ついかんこうきょうさく)症と診断され、5月16日に米国で人工椎間板置換手術を受けた。「現状は30%くらい」と告白。「人工の椎間板がなじまず異物感やマヒがある」という。術後は痛み止めの薬が手放せなかった。それでも「この場(紅白)に立たせてもらっている感謝があるので、元気を与えられるように」。会見後、スポニチ本紙などの取材に「3、4分なら手術直後でも叩けると思ったくらい。100%は厳しいが、叩くこと自体は大変ではない」と意欲を示していた。

[ 2017年12月31日 22:11 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月24日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル