ブルゾンちえみ マホーンと競演「紅白でネタをやれて感無量」

[ 2017年12月31日 05:48 ]

第68回NHK紅白歌合戦リハーサル2日目 ( 2017年12月30日    NHKホール )

ポーズを決める(左から)渡辺直美、ブルゾンちえみ、オースティン・マホーン、ブリリアンのコージ、ダイキ
Photo By スポニチ

 タレントのブルゾンちえみ(27)は、キャリアウーマンネタのBGM「ダーティ・ワーク」を歌う米歌手オースティン・マホーン(21)と企画コーナー「紅白 HALFTIME SHOW」に出演する。

 今年は元日のバラエティー番組でネタを披露したことがきっかけでブレークし「最後にマホーンとこの曲で紅白でネタをやれて感無量。最高のプレゼント」と感激。マホーンには合間に手のマッサージをしているといい、マホーンは「僕もお返しをしている。何かが2人の間に生まれるかも」と笑顔で話した。

 渡辺直美(30)は昨年の同コーナーでゲスト審査員席に近づき、エンゼルスへの移籍が決まった大谷翔平投手(23)の膝に座ったが「今回は(俳優の)高橋一生さんあたりの膝に乗りたい」と狙いを定めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年12月31日のニュース