公の場で骨折後初 黒柳徹子歩いた!マシンガントークもさく裂

[ 2017年12月31日 05:30 ]

第68回NHK紅白歌合戦リハーサル2日目 ( 2017年12月30日    NHKホール )

内村光良と話す黒柳徹子(中央)
Photo By スポニチ

 スペシャルプレゼンターを務める黒柳徹子(84)がリハーサルに参加した。

 8月末に右足の大腿骨を骨折したが、それ以来初めて公の場で歩く姿を見せた。総合司会の内村に支えられたり、歩行器を使ったりと完全復活ではないようだが、終始笑顔を振りまいた。

 当日は福山雅治(48)の曲紹介などを担当。リハでは、自身が司会を務めた過去の紅白の話題でマシンガントークをさく裂させたほか、内村の司会ぶりを「板についている」と褒めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年12月31日のニュース