ヒルクライム無期限活動中止 音楽会社は逮捕DJと契約解除

[ 2017年12月5日 05:30 ]

「Hilcrhyme(ヒルクライム)」のMC TOC(左)とDJ KATSUこと斉藤桂広容疑者
Photo By スポニチ

 ヒップホップユニット「ヒルクライム」のDJ KATSUこと斎藤桂広容疑者(38)が1日に大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されたことを受け、レコード契約とマネジメント契約を結ぶユニバーサルミュージックは4日、同ユニットの無期限活動停止を発表した。

 さらに同社は、同ユニットとのレコード契約、DJ KATSUとのマネジメント契約をそれぞれ解除。CDや映像作品の出荷停止と回収、デジタル配信の停止も決定した。音楽関係者は「回収費用やイベントのキャンセルなどで数千万円の損害が出るのではないか」としている。相方のメンバー、TOC(トク、36)はソロで活動を続ける。

 TOCは直筆のコメントを報道各社に寄せ「結成から11年目を迎え、新たに走り出そうとした矢先に、このようなご報告をしなければいけないことは残念でなりません」と謝罪。面会はしていないといい「時期が来たら二人で話して、今後どのようにするか決めたい」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年12月5日のニュース