まさにラガーマン魂!?高島彩、左足亀裂骨折もプロ根性で登壇

[ 2017年9月21日 05:48 ]

ラグビーW杯の優勝トロフィーを横に笑顔の高島彩、武井壮(右上)、堀江翔太選手
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの高島彩(38)が20日、都内で行われた19年ラグビーW杯日本大会「2YEARS TO GO FESTIVAL」の開会セレモニーに出席した。

 おぼつかない足取りで登壇し「おととい、瓶を落としてヒビが入ってしまいました」と、左足中指を亀裂骨折したことを報告。同席したタレントの武井壮(44)は「それでも壇上に上がるのは、まさにラガーマン魂」とラグビーにちなんで高島の根性を褒めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年9月21日のニュース