高橋陽一氏 埼スタで「日本、おめでとう!」、勝村政信と抱き合い喜ぶ

[ 2017年9月1日 08:50 ]

W杯アジア最終予選B組   日本2―0オーストラリア ( 2017年8月31日    埼玉 )

埼玉スタジアムで観戦した「キャプテン翼」の高橋陽一氏(左)と俳優の勝村政信
Photo By スポニチ

 サッカー漫画「キャプテン翼」の作者・高橋陽一氏(57)は、埼玉スタジアムで観戦。勝利の瞬間、同行したサッカー仲間で俳優の勝村政信(54)と抱き合って喜んだ。「オーストラリア戦は終盤に失点することが多く、最後まで不安だった。2点目が入り、やっと落ち着いた。日本、おめでとう!」と声を上ずらせた。

 サッカー漫画の作者として代表戦は「できるだけ足を運ぶ」。試合を振り返り「相手が長いボールを放り込まず、つないできた。日本はやりやすかったかも」と分析した。

 「翼」が始まった80年代を振り返り「当時は本大会に出たことがなかったのにね。これで6大会連続出場。途切れなかったことは大きい」と感慨深げ。得点した浅野と井手口の名を挙げて「新しい世代が活躍したのはいいね」と頬を緩ませた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年9月1日のニュース