要潤 テレ東でバラエティーMCに初挑戦 名画に新たな生命吹き込む

[ 2017年9月1日 15:00 ]

俳優の要潤
Photo By スポニチ

 俳優の要潤(36)がテレビ東京で初めてバラエティー番組のMCを担当することが1日、分かった。番組は「要博士の異常な映画愛(仮)」(月曜深夜0・12)で、10月16日にスタートする。要は司会に初挑戦。

 「雨に唄えば」「シェーン」など、誰もが知っている昔の名画のワンシーンに、新たな台詞や音楽を当てて、オリジナル動画を作成。名画に新たな生命を吹き込む新しいタイプの映像バラエティーで、要は映画愛が凄すぎるサロン支配人として出演。アシスタントは田中えみ(30)、小松春佳(29)が務める。

 都内某所のサロンを舞台に、映画のワンシーンに新たなセリフや音楽を当てて、名画の新たな魅力を発見するという「遊び」を繰り広げる。支配人は「異常な映画愛委員会」を結成し、会員たちのこん身のネタを採用していく。「雨に唄えば」「シェーン」「市民ケーン」「風とともに去りぬ」「紳士は金髪がお好き」「カサブランカ」「キングコング」など誰もが聞いたことある名作ばかり、約20作品を取り上げる。新たなに生命を吹き込む会員は、劇作家、お笑い芸人、落語家、作家をはじめ、人気放送作家、脚本家、音響さんなど総勢50人以上になるという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2017年9月1日のニュース