ざこば 意識回復第一声は「こんにちは。やきそば」に観客爆笑

[ 2017年8月16日 10:03 ]

大阪市内のサンケイホールブリーゼで行われた米朝一門会に登場した桂ざこば(C)坪内喜則
Photo By 提供写真

 落語家の桂ざこば(69)が15日、大阪市内で行われた米朝一門会に登場した。

 5月末に塞栓性脳梗塞などを発症して倒れたが、その後は順調に回復し、7月31日に退院。同29日には神戸市内で行われた落語会で仕事復帰している。

 退院後もリハビリを継続し、この日は「へっつい幽霊」の演目で落語を披露する計画もあった。関係者によると「ぎりぎりまで調整した結果」見送りになったものの、トークは絶好調。倒れて搬送された病院で意識が戻った際、駆けつけた息子に何かしゃべるように医師から促され「それが“こんにちは。やきそば”やった」と意味不明だったと明かし、観客らを爆笑させた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年8月16日のニュース