「24時間テレビ」1度きりの予定も大反響で名物番組に…水卜アナ「頑張らなきゃ」

[ 2017年8月16日 20:17 ]

日本テレビの水卜麻美アナウンサー
Photo By スポニチ

 日本テレビの水卜麻美アナウンサー(30)が16日放送の日本テレビ「1周回って知らない話」(水曜後7・00)にゲスト出演。総合司会を務める「24時間テレビ40」への意気込みを語った。

 番組では今年で40回目を迎える「24時間テレビ」が、当初は1度きりの予定だったことを紹介。ところが、第1回が放送されると数万人から11億9000万円の募金が集まるなど話題を呼び、当時の同局社長がエンディングで興奮気味に「来年もやります」と宣言。「日本テレビが続く限り、この番組を続けていく」と語り、今では代名詞的な看板番組となった。

 それを聞いた水卜アナは「もう泣けてきました」と目に涙を浮かべながら「こういう番組に携わっているからには、本当に頑張らなきゃな」と言葉に力を込めた。

 今年4度目の総合司会を務める水卜アナは、入社が決まったときから24時間テレビの司会を務めることが夢だったという。3年前に初めて司会を務めることが伝えられたときには「部長も(司会をしたがっているのを)知っていたので、タメにタメて伝えられました」と裏話を披露した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月16日のニュース