海老蔵 勸玄くんにエール「これから君のドラマが始まる」

[ 2017年7月28日 05:30 ]

千秋楽に最後の宙乗りを披露する市川海老蔵と長男の勸玄くん
Photo By 提供写真

 東京・歌舞伎座で上演されていた「七月大歌舞伎」が27日、千秋楽を迎え、歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が長男の勸玄(かんげん)くん(4)とともに25日間を完走した。

 最愛の妻、小林麻央さん(享年34)が6月22日に他界。わずか11日後の7月3日に開幕した公演。夜の部の通し狂言「駄右衛門花御所異聞」では、この日で最後となった父子での宙乗りを精いっぱい務めた。勸玄くんの宙乗りは歌舞伎史上最年少。神の使い・白狐(びゃっこ)を演じた勸玄くんが宙を舞いながら客席に手を振ると、大きな拍手が巻き起こった。海老蔵はこの日、自身のブログを更新。息子に「これから君のドラマが始まるんだよ。千秋楽は終わりではない始まり」とエールを送った。

 終演後は楽屋口に500人近いファンが集まった。海老蔵が車に乗り込む際には、麻央さんが15年11月に歌舞伎座で初お目見えの舞台に立った勸玄くんに送った言葉「えいえいお〜」も響いた。海老蔵父子は車の窓を開けて何度もファンに手を振った。

 8月には名古屋と大阪で六本木歌舞伎「座頭市」(2〜14日)を上演。その後は11月25日まで地方公演が断続的に組まれている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年7月28日のニュース