大川藍&都丸紗也華 過去の“キモい”を暴露「自分のズボンの中に手を入れて…」

[ 2017年5月13日 22:32 ]

「必殺!バカリズム地獄」に出演した大川藍(C)AbemaTV
Photo By 提供写真

 モデルでタレントの大川藍(23)が12日放送のAbemaTV「必殺!バカリズム地獄」(金曜後9・00)に出演。過去に体験した強烈握手会の思い出を暴露した。

 番組は“ヤンキー鬼”に扮したお笑い芸人のバカリズムが、様々な職業の女性たちが経験した“鬼ギレ”エピソードを吟味し、最も地獄に落とすべき人を決めていく1時間のレギュラー番組。6回目の放送となった今回はゲストに元「アイドリング!!!」メンバーの大川とグラビアアイドル・都丸紗也華(20)を迎えた。

 番組冒頭、大川が元「アイドリング!!!」という紹介文を見たバカリズムは「元アイドリング!!!って言わないほうが良いよ」と辛口アドバイス。大川が「なんでですか!?(元アイドリング!!!と)いつも言っていますよ!別に黒歴史とかではないです」と答えるも、バカリズムは「アレ(元アイドリング!!!時代)は黒歴史ですよ」と突っ込んだ。

 その後、美人ビール売り子がVTR出演。鬼ギレエピソードとして「舐めたお札を渡される」「盗撮される」や「手や体を触られる」など、次々と怒りが告白された。

 バカリズムが都丸に「撮影会でファンの方からセクハラされたことある?」と質問すると、「握手会で手首の方までベタベタと触られたことはある」と答えた。

 続いて大川は「握手会のときに、次に握手する(ファンの)人が、自分のズボンの中に手を入れて順番を待っていた。“すみません”とも言えず、極力手に触れないように握手しました」と過去のエピソードを告白した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年5月13日のニュース