亀梨初ソロツアー KAT―TUN充電中に「経験を積まなきゃ」

[ 2017年4月27日 05:31 ]

 「KAT―TUN」の亀梨和也(31)が初のソロツアーを行う。7月13日の神戸公演を皮切りに、10月まで全国19カ所で38公演を開く。グループは充電期間中だが「ソロで成長すれば、KAT―TUNのファンにもっと凄い景色を見せられる」と思いを明かした。

 「ファンの方に会いたい」と昨年から計画を進めてきた。ソロ歌手としての活動を見据えたものではない。「今年だからできること。いつ戻っても良いように、経験を積まなきゃならない」。あくまでもKAT―TUNの将来のためだ。

 客席との距離が近いホール公演で、ソロ曲に加えてKAT―TUNの楽曲も歌う。10月30日の最終公演は初の地元凱旋。会場の東京・江戸川区総合文化センターは「僕の初ステージ。幼稚園の時にお遊戯会で立った」という思い出の場所だ。

 上田竜也(33)、中丸雄一(33)にも報告済み。協力を願い出ており、2人が来場する可能性もある。ただ「ステージには絶対に3人同時に立たない。KAT―TUNのファンの方の前で立つのが筋」と強調。3人がそろう時まで、ソロで突き進んでいく。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年4月27日のニュース