仮面女子 アイドル史上初の“課長”で「鯖江市を盛り上げる」

[ 2017年4月27日 18:37 ]

「めがねのまちさばえ大使」任命式に出席した(左から)神谷えりな、桜のどか、鯖江市の牧野市長、立花あんな、桜雪、小島夕佳
Photo By スポニチ

アイドルグループ「仮面女子」が27日、都内で「めがねのまち さばえ大使」任命式に出席した。

 アイドルが福井県鯖江(さばえ)市とコラボ。市に特別な課が設けられ、アイドル史上初の“課長”に5人が就任し、牧野市長から任命状を受け取った。同市は眼鏡が有名ということで、めがね課長に任命された東大卒メンバー・桜雪(24)は「元々地方行政に興味があったので、参加できてうれしいです」。リーダーの桜のどか(26)は「鯖江市を盛り上げていけたら。たくさんPRしていきたい」と意気込んだ。

 メンバーはまだ鯖江市に行ったことがないが、印象について聞かれた桜雪は「ホームページを見て、観光以外にも、子育てのサポートが充実しているイメージでした」と笑顔。今後について桜のどかは「(同市は)めがねフェス、吹奏楽フェスが行われているということなので、一緒にライブさせていただけたら」と意欲を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年4月27日のニュース