鎌田靖氏「あさチャン!」夏目とタッグ “ポスト池上彰”期待

[ 2017年3月7日 06:30 ]

TBS「あさチャン!」に新レギュラーとして加入する鎌田靖氏
Photo By スポニチ

 NHKの子供向け報道番組「週刊こどもニュース」(10年終了)で2代目お父さん役を務めた同局解説委員の鎌田靖氏(59)が、4月からTBSの情報番組「あさチャン!」(月〜金曜前5・30)に新レギュラーとして加入する。こどもニュースの前任者・池上彰氏(66)はNHK退局後に民放番組に引っ張りダコ。鎌田氏も“ポスト池上彰”として大きな期待がかかる。

 社会部畑での長い取材経験を生かし、ニュースを分かりやすく解説する“現場を歩くコメンテーター”として出演。メインキャスターの夏目三久(32)をサポートする。鎌田氏は「池上さんの勉強量はものすごい。同じことは私にはできないが、分かりやすく伝えることと現場にこだわっていきたい」と意気込みを語った。

 番組側から出演オファーを受け「60歳を迎える今が最後のチャンス」と決断。5月の定年退職を目前にして今月3日付でNHKを退局。フリージャーナリストへ転身した。番組プロデューサーは「ニュースの解説力アップにつながる」と期待を寄せている。自然災害や事件が発生すれば、鎌田氏が現場取材して生リポートすることも想定している。

 鎌田氏はこどもニュースに出演した際、「いかに視聴者の方を向いたニュース原稿を書いていなかったか」と反省したという。どうすれば分かりやすく伝えられるかを考え、児童書を読みあさるなどして勉強。難しい事象をかみ砕いて伝える技術で「視聴者の方に“へぇ〜”と納得してもらえること」が理想だ。

 NHKでは「ファクト(事実)にこだわれ」と指導された。もちろん事実は大事だが、「その事実に基づいた自分の思いや考えも押し出して、視聴者の方に問題提起をしていきたい」と話した。

 ◆鎌田 靖(かまた・やすし)1957年(昭32)5月5日、福岡県生まれの59歳。早大卒業後、81年にNHK入局。記者としてリクルート事件や阪神大震災などを取材。近年は「NHKスペシャル」などドキュメンタリー番組に出演。災害や貧困問題の取材がライフワーク。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2017年3月7日のニュース