「ザ・ガードマン」神山繁さん死去 87歳 米寿目前、肺炎で

[ 2017年1月16日 16:09 ]

1965年のTBSドラマ「ザ・ガードマン」に出演した神山繁さん(前列左から2人目)
Photo By 提供写真

 人気ドラマ「ザ・ガードマン」などで知られた俳優の神山繁(こうやま・しげる)さんが3日、肺炎のため京都府内の自宅で死去した。87歳。東京都出身。

 所属事務所が16日、公式サイトで「俳優・神山繁は、本日1月16日に米寿の祝いを迎えるはずでございましたが、2017年1月3日穏やかに安らかに旅立ちました」と発表した。「葬式無用、戒名不要」という故人の遺志を尊重し、近親者のみで静かに見送ったとしている。

 神山さんは広島県呉市生まれ。進駐軍の通訳などを経て1952年、文学座へ入り、演出助手を務めた後、俳優に転じた。1965年から71年まで放送された人気アクションドラマ「ザ・ガードマン」で警備員役を務めたほか、シェークスピア劇や、「おんな太閤記」「官僚たちの夏」など数多くのテレビドラマに出演。映画では「日本のいちばん長い日」「四十七人の刺客」「八甲田山」などで重厚な演技が評価され、米国映画「ブラック・レイン」にも出演した。

 映画「踊る大捜査線」シリーズや「アウトレイジ ビヨンド」など、晩年まで精力的に活動を続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2017年1月16日のニュース