紺野あさ美アナ ヤクルト・杉浦と結婚!カラオケデート重ね交際1年

[ 2017年1月11日 05:30 ]

結婚を発表したテレビ東京の紺野あさ美アナウンサー
Photo By スポニチ

 こんこん結婚!ヤクルト・杉浦稔大投手(24)と元「モーニング娘。」のメンバーでテレビ東京の紺野あさ美アナウンサー(29)が10日、結婚したことを発表した。ともに北海道出身。新年を迎えた1月1日に帯広市内で婚姻届を提出した。13年ドラフト1位で入団した杉浦だが、プロ3年間で通算6勝止まり。今季から背番号がエースナンバーの「18」から「58」に変わった右腕が、愛する「こんこん」のサポートを得て飛躍を目指す。

 若き右腕が、5歳年上で元アイドルの経歴を持つ紺野アナのハートを射止めた。杉浦は球団、紺野アナは自身のブログを通して結婚を発表。「新たに守るべき存在ができ、今季に懸ける想(おも)いがよりいっそう強くなっています」(杉浦)、「今まで感じたことのないような安心感をたくさん与えてくれた方。彼が安心してお仕事に集中できるよう、少しでもお手伝いできたらと思っています」(紺野アナ)とコメントを寄せた。挙式・披露宴は未定で、妊娠はしていないという。

 婚姻届を提出したのは今年の元日。ともに北海道出身で、杉浦の生まれ故郷・帯広にそろって足を運んだ。紺野アナはこの日、初日の出をバックに雪原で寄り添うツーショット写真を自身のインスタグラムにアップ。そんな北の大地が、2人を強く結びつけた。球団関係者によると、出会いは知人がセッティングした食事会。お互い恋人はおらず、出身地が同じということで意気投合した。

 交際期間は1年ほど。杉浦は美声が自慢で、元モーニング娘。の紺野アナとはカラオケデートなどを重ねた。「彼は真面目で男らしくて、本当に優しい。同郷だからか食や音楽の好みも似ている」と紺野アナ。「すぐに鼻歌をマネしあったり、テレビを見て一緒に大笑いしたり、日々の何げないことも一緒にいるととても幸せに感じられ」たという。そんな中で、ともに結婚への思いが自然と芽生えていった。

 紺野アナは14歳だった01年に5期メンバーとしてモーニング娘。に加入。その愛らしいルックスで人気を集めた。11年4月にテレビ東京に入社。一時はプロ野球も現場で取材していた。現在は「紺野、今から踊るってよ」などの番組を担当し、仕事は今後も続ける予定。料理が得意で、体が資本の杉浦を食事面でもサポートしているという。今年でモーニング娘。は結成から20周年。過去には広島・野村祐輔投手(27)との交際も報じられたが、節目の年に最愛のパートナーを得た。

 そんな紺野アナと生涯の愛を誓い合った杉浦は、今季が4年目。ドラフト1位で入団したが故障にも泣き、昨季は3勝に終わるなどプロ通算は6勝にとどまっている。背番号も今季、エースナンバーの「18」から「58」へと変わった。「家族、スワローズ、どちらのためにも勝利に貢献できるよう、日々励んでいきます」。姉さん女房となる伴侶とともに、思いも新たに勝負の一年に臨む。

 ◆紺野 あさ美(こんの・あさみ)1987年(昭62)5月7日、北海道生まれの29歳。01年、モー娘に5期メンバーとして加入。06年に高卒認定試験(旧大検)を受けるため芸能界を離れ、翌07年に慶応大環境情報学部に入学。同年に芸能界復帰し、11年にテレビ東京に入社。同7月にアナウンス業務をスタートさせた。現在は「なないろ日和!」や「7スタライブ」など4番組に出演中。愛称は「こんこん」。1メートル56。血液型B。

 ◆杉浦 稔大(すぎうら・としひろ)1992年(平4)2月25日、北海道生まれの24歳。帯広大谷から国学院大に進み、4年秋には東都で5勝。13年のドラフト1位でヤクルトに入団。14年9月24日の広島戦(神宮)でプロ初勝利。15年の日本シリーズ第3戦(神宮)では先発を務めた。1メートル89、86キロ、右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年1月11日のニュース