星田英利、芸能界引退を撤回「続けさせてもらおうと」

[ 2016年12月6日 21:28 ]

今年9月、舞台「あずみ~戦国編」公演成功祈願・制作発表に出席した星田英利
Photo By スポニチ

 芸能界引退を示唆していたお笑いタレントの星田英利(45)が6日、自身のインスタグラムを更新。「心配かけてすみません。いろいろ考えましたが、続けさせてもらおうと思います。ひたむきに頑張ります」と引退を撤回した。

 星田はこの日早朝、「デビューからお世話になった大先輩方々を裏切る、っていうか、お世話になり過ぎて、その方々にご相談できへんかったけど、年内の引退を夏からずっと会社と相談してて、そうしようかなと思います。27年。・・・凄い」と投稿。だがこの日午後になりこの投稿を削除。午後8時30分頃に引退撤回を宣言した。

 星田は1991年、宮川大輔(44)とお笑いコンビ「チュパチャップス」を結成しデビュー。99年後の解散後はピン芸人として活躍し、2005年には「第3回R-1ぐらんぷり」で優勝した。14年8月には「ほっしゃん。」から本名に改名することを発表。現在は俳優としても活動し、先月までは舞台「あずみ~戦国編」に出演していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年12月6日のニュース