宇多田ヒカル、スリーサイズ公表に疑問「優越感を楽しめるのかな」

[ 2016年12月6日 14:20 ]

歌手の宇多田ヒカル
Photo By スポニチ

 歌手の宇多田ヒカル(33)が6日、自身のツイッターを更新。日本のグラビアアイドルや女性タレントがプロフィルとしてスリーサイズを公表することに疑問を呈した。

 宇多田は「ふと気づいた、女性のグラビアアイドルとかタレントがスリーサイズを公表してる(雑誌とかにも記載される)って日本でしか見たことない現象なんだけどこれっていつからある文化なんだろう」と問題提起。続けて「脱ぐことが仕事じゃない女優さんとかもスリーサイズ公表してるのすごいなあ」などと公表が当たり前となっている現状に驚いた。

 さらに「写真がない時代ならスリーサイズを数値化して伝える意味あるけど、写真で見ればおっぱいでけーなとかスタイルいいなとか分かるじゃん笑 不思議だなと思って」(原文ママ)といぶかしがり、「数字で知るともっとよくわかったような錯覚とか、品評したり比較するっていう立場の優越感を楽しめるのかな」と持論を述べた。

 「そこ(スリーサイズ)に文字数費やすなら、ぱっと見分からない情報知りたいな」とスリーサイズに代わる新情報を期待。「100メートル何秒で走れるとか15分でペヤングソース焼きそば何個食べられるかとか」と具体例を挙げ、フォロワーからも「そういう情報なら楽しい」「斬新」など、提案に共感する声が多数上がった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年12月6日のニュース