昨年パリ同時テロで90人が犠牲の劇場再開、スティングが公演

[ 2016年11月14日 05:30 ]

バタクラン劇場の公演で黙とうするスティング(AP)

 昨年11月13日夜のパリ同時多発テロで90人が犠牲となり、約1年間の改修工事を続けていたバタクラン劇場で12日夜、英歌手スティング(65)がコンサートを開き、劇場は営業を再開した。スティングは約1500席が満員となった客席に「テロで命を落とした人々を思い出そう。そして、音楽と生命を祝福しよう」とフランス語で語り掛け、1分間の黙とう後、公演を開始した。

 犠牲者の家族、テロを生き延びた人々などは無料招待された。劇場で娘を失った遺族会代表ジョルジュ・サリーヌさんは「死の恐怖を乗り越えて再び音楽を奏で、人生を続けていくことが大事だ」と話した。テロでは計130人が犠牲となり、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年11月14日のニュース