青木愛「自分を殴りたい」生放送中のゴールならず悔し涙も一転…

[ 2016年10月31日 05:55 ]

第6回大阪マラソン ( 2016年10月30日 )

ブラックマヨネーズ・小杉(左)と武井壮(右)にねぎらわれる青木愛
Photo By スポニチ

 シンクロナイズドスイミング北京五輪代表の青木愛(31)は5時間50分23秒で完走。MBSテレビの生中継番組放送中のゴールを目指したが間に合わず、25分遅れて到着。「自分を殴りたい」と悔し涙を流した。

 目標達成ならレギュラー出演する同局「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・58)の共演陣とご褒美のグアム旅行が待っていたが、20キロ地点から足がつり、ペースダウン。MCの武井壮(43)と「ブラックマヨネーズ」の小杉竜一(43)に迎えられたが「私のせいでグアムに行けん」とうなだれた。

 だが、最後は健闘を称えた武井が「愛ちゃんと小杉さんの旅費ぐらい俺、出すから行こう!」と自費でのグアム旅行招待を明言。青木は一転、大喜びだった。

 この日の模様は11月2日の同番組で放送。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月31日のニュース