元チェッカーズ長男 大麻所持で有罪 

[ 2016年9月16日 19:42 ]

 大麻取締法違反(所持)などの罪に問われた武内健太被告(22)に、東京地裁(伊藤ゆう子裁判官)は16日、懲役1年4月、うち4月を保護観察付き執行猶予2年とする判決を言い渡した。

 被告は元人気バンドチェッカーズの元メンバー武内享の長男。6月19日に東京都渋谷区で大麻約0・7グラムなどを所持していたとして起訴され、検察側は懲役2年を求刑していた。以前にも大麻取締法違反罪で有罪判決を受けており、事件当時は執行猶予期間中だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2016年9月16日のニュース