年金暮らし「家も金もない」…小泉チルドレン、あの元女性議員の今

[ 2016年9月16日 22:00 ]

2005年9月、国会議事堂前で笑顔をみせる自民党の井脇ノブ子氏

 元衆議院議員の井脇ノブ子氏(70)が、16日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)で、現在の暮らしぶりと今後の夢について明かした。

 2005年、自民党から出馬して衆院選で初当選。「やる気!元気!イワキ!」のキャッチフレーズと、ピンクのスーツとオールバックの短髪、げじげじ眉毛という強烈なキャラクターで注目され、杉村太蔵氏や片山さつき氏とともに“小泉チルドレン”の1人に数えられた。しかし、09年の衆院選では落選、その後出馬を繰り返すも当選ならず、政治の表舞台から姿を消していた。

 現在、70歳で独身。「家もありませんし、お金なんかイッコもありません。…家は、まあシェアハウスやな」と話す井脇氏。支援者たちと共同生活をしながら、年金と講演会の謝礼などで暮らしているという。

 「国家のために、大活躍を、もう1回できればなぁと思いますわ」と夢を語る井脇氏。地域振興に関わる企業や団体の理事などをボランティアで務めながら、政界復帰を目指して地道に活動しているという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年9月16日のニュース