1億円の契約金“伝説の美少女”が介護福祉士に…バツイチ独身の今は

[ 2016年4月22日 21:16 ]

スポニチに来社した北原佐和子(1983年撮影)

 元アイドル歌手で女優の北原佐和子(52)が、22日放送のTBS「爆報!THE フライデー」(金曜後7・00)に出演し、現在行っている介護の仕事などについて語った。

 北原は、デビュー時に1億円の契約金が積まれたという伝説の美少女。アイドルユニット「パンジー」での活動や、女優として出演した「牡丹と薔薇」などで話題となった。

 ホームヘルパー2級の資格を取り、以前から興味を持っていた介護の道へ踏み出したのは43歳の時。不規則な女優業の“空いた時間”を利用するためでもあったという。その後、さらに6年間かけて国家資格である介護福祉士を取得。現在は、多いときは週6日デイサービスの介護士として働いている。

 現在はバツイチで独身だという北原。「今、彼氏は?恋愛は?」という質問に明言を避けるそぶりを見せた。改めて、爆笑問題・太田光(50)から「たのきんトリオではトシちゃん派?マッチ派?」と聞かれると、「渡哲也さん」と真面目な顔でとぼけた回答。「たのきんトリオの中だって言ってるのに~」と会場は笑いに包まれる中、出演者の田原俊彦(55)だけは微妙な表情を見せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年4月22日のニュース