「妖怪ウォッチ」のレベルファイブ社、被災地に1億円寄付

[ 2016年4月22日 18:45 ]

 「妖怪ウォッチ」などで知られるゲームメーカー「レベルファイブ」社(日野晃博社長)が22日、熊本地震による被災者と被災地復興のため、義援金1億円を寄付したと発表した。

 日本赤十字社を通じて同日寄付したもので、「今後、弊社の作品・コンテンツによる支援活動を予定しております。詳細は追ってご案内致します。被災地の一日も早い復興を心より祈念致します」としている。

 「レベルファイブ」は福岡市に本社があり、資本金は1億円。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年4月22日のニュース