仲代達矢 30年ぶり「乱」復元版を絶賛「天才・黒澤は時空を超える」

[ 2015年10月25日 15:15 ]

「乱」4Kデジタル復元版の上映後にシンポジウムを行った仲代達矢と原田美枝子

 黒澤明監督の「乱」の4Kデジタル復元版が25日、第28回東京国際映画祭の「Japanese Classics」部門でお披露目された。製作費27億円を投じ1985年の第1回大会でオープニングを飾った歴史大作を、公開30周年の節目に高解像度で復元。主演の仲代達矢(82)は、「当時私は49歳だった。天才・黒澤は、時空を超えて素晴らしいとつくづく思った」としみじみ話した。

 シェークスピアの「リア王」をベースに、毛利3兄弟の骨肉の争いを描く壮大な戦国絵巻。クランクインが当初の予定より半年ほど遅れたが、黒澤監督の前作「影武者」で落馬負傷し撮影を10日ほど休んだ苦い経験のある仲代は、「その半年間は毎日、馬の稽古をした。流鏑馬(やぶさめ)までできるようになったが、映っていたのは3秒でしたね」と自ちょう気味に話し笑わせた。

 炎上する城の階段を下りるクライマックスシーンでは、「リハーサルだけで1週間。先生(黒澤監督)から、“こけないでね、失敗すると4億円の損だよ”と言われ、本番では口の中で4億円、4億円と唱えていた」と述懐。4時間メークをした直後に黒澤監督が二日酔いで撮影中止になることもあったそうだが、「随分怒られましたし苦労は多かったけれど、いい仕事をしたと思っている」と満足げに振り返った。

 ヒロインの楓の方役に抜てきされ、黒澤組初参加となった原田美枝子(56)は「ちょっと見られただけで震え上がるほどの大きな存在で、直接怒られたことはないけれど、強迫観念に駆られ毎日怒られる夢を見ていた。命懸けでした」と苦笑い。だが、すべてのシーンが終了した直後に、「黒澤監督が“もう僕の夢を見ないでね”とおっしゃってくださったんです」と懐かしそうに話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年10月25日のニュース