三代目ELLY 血まみれゾンビ?温泉で「お客さんいなくなった」

[ 2015年10月25日 10:10 ]

映画「TRASH」の初日舞台あいさつを行った、左から、権野元監督、八木将康、ELLY、中村ゆり、天野浩成。

 「三代目 J Soul Brothers」のELLY(28)が24日、都内で初主演映画「TRASH」(監督権野元)の初日舞台あいさつを行った。

 元カノを助けるために戦う男のケンカと友情の物語。殴り合いの撮影後に血のりがついたまま温泉に行ったといい、「“あいつら何?”ってお客さんがいなくなっちゃった。ゾンビみたいだった」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2015年10月25日のニュース