さや姉、術後初の劇場公演 新曲センター「まだまだ勝負できる」

[ 2015年9月11日 06:38 ]

NMB48劇場での公演に登場した山本彩(右)

 NMB48の山本彩(22)が10日、大阪・難波のNMB48劇場で先月の声帯手術後初めてチームN公演に出演した。アンコールでは、10月7日発売の13枚目シングル「Must be now」のタイトルも発表され、激しいダンスパフォーマンスが初披露された。

 山本の他には渡辺美優紀(21)、加藤夕夏(18)ら9人が選抜。9枚目シングル「高嶺の林檎」以来のセンターとなった山本は、「久しぶりにセンターをやらせてもらってプレッシャーもあるけど、打ち勝っていきたい。NMBはまだまだ勝負できる。もっと強いグループになっていきたい」と元気な笑顔で復調をアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年9月11日のニュース