萩原流行さん事故 護送車の警部補書類送検「譲ってくれるだろうと」

[ 2015年9月10日 11:13 ]

萩原流行さん

 東京都杉並区で4月、俳優萩原流行(本名萩原光男)さん=当時(62)=が大型バイクで転倒し死亡した事故で、警視庁は10日、自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで、直前に車線変更した護送車を運転していた同庁の男性警部補(56)を書類送検した。

 警視庁によると、護送車が車線変更する際に後方の安全確認が不十分だったと断定。警部補は「車線変更が事故の一因だったのは間違いない」と話している。萩原さんの死因は、胸部を強く打ったことによる左心房破裂などだったことも判明した。

 書類送検容疑は4月22日午後6時5分ごろ、片側3車線の青梅街道で一番左の車線から右に車線変更した際、中央車線を走っていた萩原さんのバイクを転倒させ、後続の乗用車にひかれた萩原さんを死亡させた疑い。

 バイクは転倒後に滑走し、前輪のタイヤが護送車の運転席側ドアの下部にぶつかった。
 護送車はウインカーを出して車線変更していたという。警部補は、ライトを付けた萩原さんのバイクとみられる車両に気付いていたが「譲ってくれるだろうと思った」とも供述している。

 警視庁は10日、同容疑で乗用車の男性会社役員(59)も書類送検した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2015年9月10日のニュース