松平健、西郷ツッコミに照れ隠し?の冷静応対…新婚生活「さまざまですね」

[ 2015年9月4日 16:38 ]

囲み取材で笑顔を見せる(左から)西郷輝彦、松平健、中村梅雀
Photo By スポニチ

 7月末に10歳年下の一般女性と再々婚したた俳優の松平健(61)が4日、東京・明治座で同日開幕した主演舞台「三匹のおっさん」の初日公演後に共演の俳優の中村梅雀(59)西郷輝彦(68)らと報道陣の取材に応じた。

 新婚生活について聞かれると「今は芝居が始まったばっかりなので普通ですよ」と意外にもあっさりな返答。これを見かねた西郷から「舞台が落ち着いてきたら普通じゃなくなるの?」とツッコミを受けると「そうですね、仕事を中心に…」。「家庭は?」との西郷のさらなる追求にも「芝居終わって帰るので…」とあくまでも冷静だった。

 先月23日に第2子が生まれたばかりの梅雀は夫人とのラブラブトークを繰り広げるなど、幸せオーラ全開。その横で、西郷から「そういうの聞いてどうですか、健ちゃん」と再び問いかけられ、「さまざまですね…」。夫人はこの日は観劇に来ておらず「そのうちに、はい…」。出かけには「頑張ってね」と声をかけられ、送り出されたことを明かした。

 テレビ東京の連続ドラマでも人気を博した作家有川浩氏の同名人気小説の舞台化。松平、中村、西郷が演じる“三匹のおっさん”が近所の悪を成敗し、家族との絆を強める。カーテンコールでは3人で歌も披露する。「今までにないお芝居ですからね。お客さんの顔、反応をいただいて、ホッとしました」と初日を終え、安どの表情を浮かべた松平。剣道の達人“キヨ”で気の弱い父親という役どころに「女性から見たらイヤなタイプかもしないけど…」と苦笑い。現代服での殺陣も見どころとなるが、これには「衣装は楽ですね」と話した。東京公演は27日まで。取材には 女優の松金よね子(65)竹下景子(61)も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニーさん死去」特集記事

2015年9月4日のニュース