キスマイ玉森、自ら命名「たまのぼり」 フライング新技を披露

[ 2015年9月4日 06:16 ]

 Kis―My―Ft2の玉森裕太(25)が主演する舞台「ドリームボーイズ」が3日、東京・帝国劇場で開幕した。本番直前の公開稽古で、つながれた3つのリングを駆使してフライングする新技を披露。自ら「たまのぼり」と命名し「リングにぶら下がったりして衣装がピンク色。こいのぼりみたいと思った」と由来を説明した。

 劇中では玉森が土下座する場面がある。作・構成・演出を務めるジャニー喜多川氏は、玉森に土下座の仕方を指導。「土下座する時もスターらしくバランスを考えなきゃいけない。頭を下げ過ぎちゃいけないんです。ある程度、格好良くないと」とこだわりを語った。

 舞台はダブルキャストで、玉森主演版は千賀健永(24)と宮田俊哉(26)、中山優馬(21)主演版は菊池風磨(20)とマリウス葉(15)が出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2015年9月4日のニュース