さらば東口、結婚1週間で先輩妻を寝取る…不倫認め、本人に生謝罪

[ 2015年7月26日 09:30 ]

「さらば青春の光」の東口宜隆

 お笑いコンビ「さらば青春の光」の東口宜隆(29)が26日未明、フジテレビ「FNS27時間テレビ2015」に生出演。お笑いトリオ「鬼ヶ島」の和田貴志(36)が2014年2月に離婚した元妻と不倫していたことを認め、謝罪した。

 和田は2年間の交際を経て、13年3月に12歳年下の元タレントの女性と結婚したが、わずか1年でスピード破局。13年10月に一部で不倫が報じられていた。

 「お台場のカイダン 本当にあったフジ縛霊の怖い話」のコーナーで、鬼ヶ島・おおかわら(38)が切り出し、事情を説明。和田が結婚して1週間後、元妻が夫不在の新居で浮気。「それが何と(相手は)お笑い芸人。このメンバーの中にいるんです」と、ひな壇を見渡すと、東口と相方・森田哲矢(33)が立ち上がり「ホンマにすんませんでした」と謝罪した。SMAP・中居正広(42)が「どっちか分からない。2人で謝っているから」と指摘すると、東口が再び「すいませんでした」と頭を下げた。

 東口は「大体合っています」と不倫の事実を認めたが「本当は家ではないんです。ビジネスホテルです」と言い訳。ナインティナインの岡村隆史(45)に「歯食いしばって我慢できへんかった?」と突っ込まれると「気付いたら終わってましたね…」。不倫交際は13年3~5月と報じられたが、「(関係を持ったのは)本当に1回なんですよ」とした。

 中居に「不倫が原因で離婚したわけではない?」と聞かれた和田は「話し合ったんですけど、僕が器が小さかったんで、ごめんねってことで」と破局の理由だったことを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年7月26日のニュース