鶴瓶、27年ぶり朝ドラで波瑠と共演「オレはアゲアゲ男」

[ 2015年7月26日 10:10 ]

会見で笑顔をみせる笑福亭鶴瓶と波瑠

 落語家の笑福亭鶴瓶(63)が25日、大阪市内で女優の波瑠(24)がヒロインを務める次期NHK連続テレビ小説「あさが来た」(9月28日スタート、月~土曜前8・00)の収録に参加した。

 鶴瓶の朝ドラ出演は、山口智子(50)がヒロインの「純ちゃんの応援歌」(88年10月~89年3月)以来27年ぶり。MCを務めるMBS系「A―Studio」で、波瑠が一昨年4月から1年間アシスタントを務めるなど親交があり、出演が決まった。

 「A―…」では、波瑠以外に関西系の月9ドラマ「恋仲」に出演中の本田翼(23)とも過去にタッグを組んでおり、「オレ、アゲアゲ男ちゃう?翼も月9やってるし」と“出世請負人”ぶりを自賛。「朝ドラから(世間に)出るというのは正統派スターへの第一歩。波瑠は男勝りのさっぱりした性格でエエ根性してるし、頑張ってほしい」とエールを送った。

 鶴瓶は同局で小籔千豊(41)との単発番組「ヤブツル」(8月22日後11・30)の収録にも参加。鶴瓶と上岡龍太郎氏の人気番組「鶴瓶・上岡パペポTV」(87年4月~98年3月)をイメージし、台本なしのフリートークを1時間展開。「小籔とは打ち合わせなくトークのバトルができて気持ちいいね」と笑顔をみせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年7月26日のニュース