さんま恒例「ラブメイト10」最年少15歳の少女に恋「ウソや」

[ 2015年7月26日 16:08 ]

 明石家さんま(60)が26日未明、フジテレビ「FNS27時間テレビ2015」に生出演。SMAP・中居正広(42)との「さんま・中居の今夜も眠れない」で恒例の「ラブメイト10」を発表した。

 10位=熊切あさ美(35)、9位=6月1日(月)に新幹線で一緒に写真を撮った美容専門学生、8位=2015年ミス・ユニバース日本代表・宮本エリアナ(21)、7位=小島瑠璃子(21)、6位=米歌手アリアナ・グランデ(22)、5位=東京の劇場シアターコクーンの事務の女性、4位=有村架純(22)、3位=綾瀬はるか(30)、2位=長澤まさみ(28)、1位=剛力彩芽(22)となった。

 9位の美容専門学生は「モデルさんですか?」と尋ねたほどの美人で、22~23歳に見えたという。その時は連絡先を交換せず、今回の番組のために我慢。生放送中、心当たりのある女性からの電話を募集した。

 さんまの思惑通りに連絡が入り、4位の発表後、中居がプロフィールを読み上げた。「6月1日の時点で、私、15歳です」。さんまは「ウソや。信じられへん」と、まさかの顔。その後、生電話がつながり「テレビ見てます。やべぇ!」という15歳らしい反応に、さんまは「(電話を)切れ」と表情は固まっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年7月26日のニュース