食への欲求がない歌丸 高座復帰へ“支え”は人間国宝への執念!?

[ 2015年7月26日 09:30 ]

桂歌丸

 桂歌丸(78)が退院して約2週間。復帰仕事となる8月11日の国立演芸場での高座に向けて、今のところは順調に体調も回復しており、周囲もホッと胸をなで下ろしている。

 ただしこの人、予断は許さない。なにしろ、食への欲求がまるでない。6月に入院したのは腸閉塞(へいそく)のためだが、食事をとらなさすぎて腸が小さくなってしまったのが最大の原因らしい。

 過去に何度か海外公演を行っているが、滞在先でも後輩やスタッフと行動を共にするよりも、ひとりでホテルにいることを好んだという。関係者は「性格的にもすこぶる社交的というわけではないのですが、それよりも自分が飲食にあまり興味がないのに“なんでおまえたちの食った分を払わねえとなんねえんだ”という感情が強くて、別行動をとっていたみたいです」と話す。ただ、禁欲的というわけではなくて「女の子は大好きなので、実に面倒くさい」と関係者は笑う。

 若い頃から体重は40キロ前後。過酷なスケジュールだと、36キロくらいになるときもあったという。体調を心配されても「メシ食わなくても点滴で栄養とればいいんだ」と言い放つこともあったというが、高齢になると体のパーツもいろんなところに不備が出てくる。今回の入院についてはさすがに本人もこたえた様子で、おかゆを中心に食事をとっているようだ。

 世間一般の興味は人気番組「笑点」への復帰時期かもしれないが、本人の照準はあくまで高座。落語家としては当然と言えば当然だが、ある演芸評論家は「今も人間国宝に執念を燃やしている、と見えなくもない」と推測する。

 昨年、ライバルでもある柳家小三治(75)が人間国宝となった。歌丸が選出から漏れたのは、50年に及ぶ「笑点」出演による大衆性がアダになったという指摘もあるだけに「よりいっそう、高座への意欲につながっている」と、前述の演芸評論家は話す。

 とはいえ、人間国宝というのは何かの指標に基づいて与えられる称号ではない。それを目標としているとすれば、前の見えない霧の中を歩んでいる感覚に近いかもしれない。ただ、その歩みが芸事の磨きにつながり、心身の充実を呼ぶとするならば、ファンにとってはうれしい話だ。

 人間国宝認定は少しでも先延ばしに。これがファンの正直な気持ちかもしれない。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2015年7月26日のニュース