大島優子 アクションシーンにも挑戦「気持ちいいです」

[ 2015年4月11日 18:00 ]

ドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」特別試写会に出席した大島優子

 元AKB48で女優の大島優子(26)が11日、都内で行われたTBSの新ドラマ「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」(16日スタート、木曜後9・00)の特別試写会に出席した。

 刑事役の大島は、同ドラマでアクションシーンにも挑戦。「(アクションは)ガッツリやるのは初めて。気持ちいいですよ。大の男をバッタバッタと倒していきますから」と満足顔。妹役を演じる本田翼(22)からも「アクションシーンがすごく好き。かっこよくて、リズム感が良くて素敵」とべた褒めされた。

 大島は「かっこよくアクションやった後に、スカートの中がキラーンとなるのが堤ワールドだなって」と感想。演出を手がける堤幸彦氏は「あれはズロースってやつですよ」と説明。大島は「衣裳合わせの時にはいて、これって年配の女性が履くやつですよね?って。はき心地は抜群なんですけど」と語った。堤氏から「ぜひ、はやらせていただきたい」と懇願された大島は「日本で旋風を巻き起こしましょう」と宣言した。

 他に北村一輝(45)、勝地涼(28)、田中哲司(49)、山口紗弥加(35)、遠藤憲一(53)脚本家の櫻井武晴氏も出席。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2015年4月11日のニュース